スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
NifScopeで装備をニコイチしてみるよ!
2010 / 06 / 18 ( Fri )
ポナタんさんから「nifscopeを使ってnifの合成したいと思ってるんですが...。」という質問があったので挑戦してみました。
(というかユキスケ本人がやったこと無いぞ!ポナタんさん。)
SS4266.jpg
まず手近な一体型装備からBone情報だけいただきます。
SS4267.jpg  SS4268.jpg
Bone情報以外をRemove Branch(Ctrl+Del)で削除。
適当に名前を付けて保存します。(ここでは“sk.nif")
SS4269.jpg  SS4270.jpg
統一したい装備のメッシュ情報を
Copy Branch(Ctrl+C) → Paste Branch(Ctrl+V)
sk.nifに一つずつ移していきます。(もちろんBone情報は抜かして)
そして名前を付けて保存!
SS4271.jpg
こんなものですかね。
ゲーム上で確認してみます。
SS4262.jpg
成功のようです。パンツも履けてますよ♪
SmoothNormalsやMakeSkin Partition、UpdateTangentSpaceとかの話はBlenderでエクスポートしたときの話かな?
詳しい人に聞いてみたい。
SS4265.jpg
試しに全然違う装備同士でもくっつけてみた。


ちなみに三つ編みの件ですがあまり進んでません...。 (;¬_¬)
これが....これになったぐらい。
SS4272.jpg  SS4273.jpg

スポンサーサイト
19 : 31 : 39 | Toolを使ってみよう♪ | トラックバック(0) | コメント(45) | page top
Construction Setを使って髪形を追加してみる!
2009 / 08 / 08 ( Sat )
今回はCS(Construction Set)を使って髪形を追加してみたいと思います。

 CSを使って髪形を追加してみよう!

  1. 使いたい髪形の nif と egm とその髪型で使用するテクスチャファイル(dds)を用意します。
SS2440.jpg

 2. 適当に名前をつけたら nif と egm を meshesフォルダに、テクスチャファイルを texturesフォルダになるべく自分が分かりやすい所に置きます。

 3. CSを起動して髪型を使用する種族のespをチェックます。
(このespに直接 髪型を追加するときはアクティブ【active】に、取り外しが楽なように別のespにしたい方はアクティブにはしないままOKを押して下さい。)
SS2441.jpg

 4. キャラクター < 髪型 << 右クリ < 新規作成 < New Form Editor ID < “適当な名前”
新規作成画面になったら “名称” “プレイヤー使用可” “男性使用可” “女性使用可” “Add NIF File” “Add Image File” を設定して OKを押す。
SS2451.jpg

 5. キャラクター < 種族 << 髪形を使用する種族を選択 < Body Data
 閉じずに 先ほどの画面を出して、新規作成した髪形を “髪型一覧” にドラッグ。
SS2453.jpg
OKを押す。

 6. ファイル< 保存 で終わり。


【おまけ】
アイコン02
結局 コレって、『適当に弄った髪形を 適当にうPしていくから、みんなも使えそうなのだけ 適当に使ってね♪』
ということでしょ?

・・・・・まぁ、そうなんですけどね。
KKK001
KKK001.jpg

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

17 : 09 : 30 | Toolを使ってみよう♪ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
CSでキャラメイク
2009 / 05 / 14 ( Thu )
顔テクスチャの微調整の前に顔色のパラメーターをば直してみようと思います。
キャラメイクの上手な人はCS (Construction Set)を使って顔のパラメーターを弄くっているそうです。
実際やってみると、ゲーム上での顔とツール上のプレビューとの違いすぎていてユキスケには無理なんですけど・・・。
「じゃあ、お前は何のために使うんか?」
・・・・というのは、よ~するに自力で綺麗な肌に調節するのあきらめたユキスケが美白美人さんのセーブデータをパクリもとい、参照にするのに CS上のほうが ふたつ並べられて、数値変換できて、パラメーターの連動もしにくいからです! 
(セコイって? だって、自力でやるなんて、ムリムリ!)

  CSでキャラメイクをしてみよう♪
今回はConstruction Set はもちろん、 フェイスデータの出し入れにWryeBashを使います。
DL先、導入方法は wiki を参考に。
まずは空のespファイルを作ります。
CSを立ち上げたら、ファイル > 読み込み 
(ユキスケはCSに日本語パッチを入れてます)
SS1565.jpg
追加種族を使いたいのなら、それに関連する TES File にチェックをしたあと、アクティブにしないで 読み込みます。
SS1543.jpg
ファイル > 保存で 適当な名前(Face01とか)で保存します。

次に
Wrye Bash を起動 (Wrye Bash Launcher.pyw をクリック)
   Mods > さっき作ったesp > import > face > SaveDate選択
自キャラと参考にしたいキャラのセーブデータから インポートしたら、
CSを起動して (仮)Face01.espと関連する種族にチェックをし、今度はアクティブにして ロードします。
キャラクター > 種族 で使いたい種族があるのを確認したら、
オブジェクトウィンドウから Actors > NPC 右側から名前で探してください。SS1541.jpg  
ア~ あった、あった♪
SS1547.jpg
「ありゃ?」
・・・・Imperialになってた・・・・それにしても・・・High Rez入れて直そう。SS1549.jpg
こまめに保存しとくの オススメです。
SS1566.jpg 並べてやると簡単ですね
終わったら、Appy 押して OKを押してウィンドウを閉じ 
  ファイル > 保存 
     でセーブします。

もう一度、Wrye Bash を起動
今度は、
  Saves > 任意のSaveDeta > import Face > (仮)Face01.esp
SS1558.jpg
弄くったキャラを選んだら、Race や Stats のチェックをはずして インポート。

最後にゲーム上で確認して出来上がり!
SS1552.jpg
う~ん ( -_-) 目の焦点が合ってないのはどうやって直せばいいのだろう?

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

19 : 08 : 59 | Toolを使ってみよう♪ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。